メバルプラッギングが成立しやすい状況を考える

以前、初心者こそメバルプラッギングだ!ということを書いたことがあります。

確かにこれはそのとおりで、しっかり状況を選べればプラグの方が断然有利だと思っています。しかし、その「状況を選ぶ」ことがキモなわけで。ネットで「これは釣れる!」と評判のプラグを闇雲に投げても、釣れる確率は低いことでしょう。

正しいシチュエーションで、正しくプラグを使って、キッチリ釣ろう!今日はそんなお話です。

水深が浅いところの方が釣りやすい

結論から言うと、水深が浅いところの方が、メバルプラッギングが成立しやすいと僕は考えています。一般的に、プラグは表層を攻めるのが得意ですので、深場に潜んでいるメバルには存在をアピールしにくいのです。「メバルがプラグの懐まで飛び込んできてくれる深さ」を選択することが、メバルプラッギング成立のキモと言えるでしょう。

ただし、単純に「水深〇〇メートル以下が釣りやすい」と言い切れるものではなく…その釣り場のストラクチャーの入り方や、ウィードの背の高さなど、様々な要因がメバルプラッギングの成立に関連しています。

ここでは、目に見えてわかりやすい「ストラクチャーやウィードとの位置関係」に主眼を置いて話を進めて参ります。

ストラクチャーの場所を把握しておくことが大切

回遊性の高いイメージが強いメバルですが、その英名はずばり”Rockfish”。なんだかんだで、ウィードやストラクチャーについていることが多い魚なんです。そのため、普段ボトムについているメバルが、むやみやたらに表層まで浮いてくるというわけではないんです。

特に、デイゲームではその傾向が顕著で、ストラクチャーの際をタイトに攻めないとまず釣れません。「メバルは浮く魚=テキトーに投げていれば釣れる」というわけではありません。

浮いたメバル を狙う際も、ストラクチャーとの位置関係は重要

昼間のうちに釣り場の様子を観察しておき、メバルが潜んでそうなウィードやストラクチャーの位置を把握しておきましょう。さらに、ルアーを通すコースも確認して、「釣れるイメージ」を持っておくと、効率の良いルアーセレクトが可能になることでしょう。

メバルは「いつでもストラクチャーに戻れる範囲」まで出てくる

夜になると、警戒心の薄れたメバルは表層付近に上がってきます。これらの個体は、比較的広範囲を泳ぎ回りますが、その実態はやはり「根魚」です。自分に危険が迫れば、いつでも身を隠せるような行動を取っています。

したがって、「浮いたメバル をプラグで釣る」場合でも、ストラクチャーとの位置関係を把握できているかどうかで釣果に差が出てきます。

メバルもやはり「根魚」なんです

メバルを効率よく釣るには、このストラクチャーからの距離感を体得することが早道です。

【応用編】数を伸ばしたい場合は、ストラクチャーから遠い場所で

上述の内容と矛盾するようですが、数を伸ばしたい場合、まずはストラクチャーからずっと離れたところで釣ってみましょう。もし遠いところで釣れるようなら、まずはそこで数を伸ばし、釣れなくなってきたら徐々にストラクチャーに寄せていきます。

メバルが針にかかって暴れると、周囲に緊張感が走り、メバルの警戒心が強くなります。これを住処のすぐ近くでやられると、メバルはもうストラクチャーから出てきてくれなくなります。最初からストラクチャーをダイレクトに狙うことは、一発でチャンスを潰してしまうことにもつながりかねません。魚の着き場を押さえつつも、遠くからじわじわと攻めていくことが、数を伸ばす基本です。

このような釣り方の場合、飛距離を稼げるルアーが有利なのは言うまでもありません。市販品で言えば、バスデイの S.P.M. 55 などが使いやすいと思います。よく飛ぶ上に、動きにもクセがなく、僕はあらゆる場面で大外ししにくいルアーだと考えています。

<Bassday・バスデイ> S.P.M. 55

価格:1,237円
(2020/1/19 17:23時点)
感想(0件)

あるいは、スミスのメバペン ソリッド。35mmと小さいサイズながら、ソリッドタイプ(中身が詰まっているタイプ)のため飛距離が出せます。なお、沈下速度はやや速めです。僕の場合は3回巻き→1秒ストップ(フォール)の繰り返しで、レンジをキープしながらフォールで食わせるという使い方をしています。ルアーケースを圧迫しないサイズ感も魅力です。

スミス(SMITH LTD) メバペン・ソリッド 35mm #20(スペクトル)

価格:1,176円
(2020/1/25 22:08時点)
感想(0件)

もっと様々な条件を見出せれば、メバリングは面白くなる

例えば、潮のぶつかり合いで上昇流が発生しているところでは、深部からの餌の巻き上げがあるので、それを追ったメバルが表層まで出てくることもあるでしょう。ベイトフィッシュの動向により「上を意識したメバル」が多数いる場面もあるかもしれません。そういうメバルが上擦りやすい場面は、プラグが断然有利になります。

しかし、このような場面を見極めるには経験と勘が必要です。「初心者こそメバルプラッギング!」という今回のログの趣旨からは外れます。何より、僕自身がそこまでの腕を持ち合わせていないので、説得力のある記事も書けませんので、深いところに言及するのはやめておきます。

今回のログで紹介した「基本パターン」を押さえつつ、潮流やベイトの動向などのプラスアルファが重なって、「あれ?いつもと釣れ方が違うな?」という気づきに出会うと、メバル釣りはもっと面白くなります。

ポチッとやっていただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 釣りブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です