家で釣りの上達を目指す 〜ピッチング編〜

コロナウィルスのせいで、世の中自粛ムードが漂っていますね。漁港は人が密集していないため、ウィルスのやりとりの可能性は極めて低いと言えますが、その途中はどうでしょうか?立ち寄ったお店で、自分がコロナをもらう、あるいは自分が他人にコロナをうつしてしまう、ということも十分に考えられる状況です。

ここは、釣り狂いを自認している僕としても、いったん我慢の状況かなと思っています。かといって、釣具に触らずじっとしていることもできません。落ち着きのない人間で…(汗

ということで、自宅でできるスキルアップについて考えてみました。

1Kの玄関に向けてピッチング練習をする様子がこちら

我が家、7.5畳の1Kにつき、お世辞にも広いとは言えません。庭があるわけでもなく…しかし、こんな狭い場所でも釣りのスキルアップができればな、と思い、いろいろ考えました。

狭い場所…と言えば、僕は漁港でよく船周りを撃ちます。小場所で正確なキャストに必要なスキル…と言えば、そう、ピッチングですね。

ピッチングは、ロッドの振り幅を小さくして、飛距離を犠牲にする代わりに精度を高めるというテクニックです。狭い我が家でも充分に鍛えられます。

そんなわけで、昨夜思い立って、早速練習。その様子は、Twitter で紹介しています。

ピッチングについて、誤解している方がいます。「振り子」のイメージを強く持ちすぎるあまり、ロッドのティップを高いところに構えてしまうものです。これでは、本当に「ただの振り子」になってしまい、大した飛距離を望むことはできません。

上の動画をご覧になれば気づくと思いますが、僕はロッドのティップを下から出しています。アパートの天井にティップが着くほど高く構えることも、あるいはそこまで振り上げることもありません。また、下から出しているからといって、ルアーが床にぶつかってしまうわけでもありません。アパートのスペースでも充分に投げられるのがピッチングというテクニックです。

制限のある環境が上達を加速させる

「振り子」のイメージを鵜呑みにすると、ルアーをロッドからブラーンとさせて、自分のすぐ目の前にフワッ…→ちゃぽんっ…と着水させる、半径3m程度のテクニックのように思えますよね。

しかし、実際には10m程度は飛ばせないと釣りにならないことが多く、近距離用テクニックのピッチングにおいても、飛ばせるに越したことはないわけです。ところが、この距離まで飛ばすとなると、振り子の要領でフワッ…ではなかなか難しくなります。

また、上記の考え方では、低弾道で投げることも難しくなります。障害物の下にルアーを入れたい時など、低弾道ピッチングが必要となる場面は数多くあります。

そこで必要なのが、「振り子に勢いをつける」ためのアクションを入れること。最低限の幅で、ロッドを振り上げることは必要になります。

ただし、振り上げ幅は「最低限」です。大きく振り上げる必要はありません。最初の構えからフォロースルーの終わりまでで、45度くらいでしょうか。

最初は、ロッドのティップを手に持ったルアーと同じくらいの高さに構える
目線よりちょっと上の高さまで、手首で振り上げる

アパートの床と天井にロッドがぶつからないようにイメージしましょう。実は、この床と天井の制約が、無駄な動きの排除につながり、ピッチングの上達を加速させます。

ロッド・リールの握り方

僕の場合、ピッチングから即ロッド・リールを操作したいので、ピッチングはスリーフィンガーのパーミング状態で行います。テンポよく釣りができるのがピッチングの大きなメリットなのに、ワンフィンガー⇄スリーフィンガーのチェンジでそれを乱されるのをあまり良しと感じないのです。また、スリーフィンガーでもキャスト精度が落ちることはありません。

【個人的オススメ】グリップエンドは内側に

手首を大きく動かすことができます。僕の場合、肘まで使ってしまうとピッチングの精度が下がります(※)ので、手首だけでロッドを大きく動かせるよう、この構えからスタートします。

※ルアーを投げる際、動かす関節が多ければ多いほど、ロッドの軌道を不安定にさせる要素が増えます。精度を求めるなら、無駄な動きは少なく!

手首の返しだけで、充分にロッドを動かすことができます。

また、目線−利き手-ルアー−ティップ−ターゲットを一直線に並べる際、最も体勢に無理を生じないのがこの握り方です。そのため、左右のコントロールが極めて付けやすいという特徴があります。

その人のフォームによっては外側もアリ

同じく、手首の可動域をフルに使うとすれば、外側にグリップエンドを置く構えもあります。

内側に構えた際と同様に、手首を大きく動かすことができます。

ただし、この構えをとると、手首を返した際にグリップエンドが腕に当たり、フォロースルーが悪くなってしまいます。また、内側に構えた時に比べてサイドキャスト気味になるので、左右方向の精度に難を感じることがあるでしょう。したがって、内側に構える場合よりも、オススメ度は下がります。

「中間」のメリットは少ない…かなぁ?

個人的に、これはナシだと思っています…手首の可動域が小さく、ある程度の距離を出すためには肘も大きく使う必要があります。

よほどの事情がなければ、この構えを採用する必要はないと思います。

自粛ムードだからこそできることがある

まあ、僕くらいの釣り狂いになれば、実際のフィールドで延々キャスト練習(釣れない言い訳ではなく、本当に練習)をしても何の苦にもならないのですが、まともなアングラーであれば、フィールドに立ったらまず釣らなくては!と考え、現場で練習する気にはならないと思います。これは当然の心理だと思います。海に出たなら、やっぱり釣りたいですもんね。何のために釣り場に行ってるんだ、という話です。

しかし、技術の反復練習によってのみ向上するものです。ストイックに練習しなければ、キャスト精度の向上は望めません。正確なキャストができれば、魚の着き場にちゃんとルアーを落とすことができ、無駄なプレッシャーを与えることなくターゲットを仕留めることもできるようになります。僕はまだその域ではありませんが…

フィールドに立てない今こそ、技術向上のチャンスです。さあ、アングラーの皆さん、今は家に引きこもりましょう!そして、練習!練習!また練習です!!

スキルを劇的に向上させて、成長した姿でフィールドに立ちましょう。

ポチッとやっていただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 釣りブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です