風雨ニマケズ メバルプラッギング

雨風の日曜日でしたが、波は高くなかったのでメバリングしてきました。悪天候の中でのキャスト&リトリーブは、スポーツの域を超えてもはや修行…もちろん、僕以外にアングラーはいません(笑)

「とりあえず10匹かな」と高を括って望んだ結果は…

強風と雨が叩きつける状況

天気予報は雨。風も海上でやや強めとのこと。雨は仕方ないとして、風はなんとかしたいと思い、なるべく追い風気味になる漁港をチョイス。さすがに波が高ければ止めようと思っていましたが、幸いにして危険な状況ではなかったため、竿を出してみることに。

風浪やうねりがあるわけではなかったのですが、風と雨のせいで水面はせわしなく、「メバル凪」からは程遠い状況でした。釣り人的にも条件は悪く、いろんな意味で釣りづらい予感のするこの日…今思えば、こんな日は家で大人しくしておくべきだったのです。バルサを削っていた方が、心もすり減らず有意義だったかもしれません…

とりあえず10匹!と意気込んで臨んだ今回のメバリングでしたが、心の隅に「ボ…」がチラついていました…

プラグのレンジで明暗が分かれる

当日は6本のプラグを持って行きました。水面直下を泳ぐペンシルが3本、スローシンキングミノーが2本、やや深めのレンジを引けるミニマルイミテートプラグが1本です。

結論から言うと、水面直下系のプラグは全滅でした。魚の反応があったのは、深めのレンジを通せるプラグのみ。雨と風で水面が騒がしかったので、メバルがトップに出切らなかったのでしょうか?あるいは、水面近くでは波の影響を受けて、ルアーに余計な動きが加わって悪影響が出たのかもしれません。

今回の稼ぎ頭は、リップが浅め・長めで深いところまで潜れるこちらのミノー。動きはあまり派手ではなく、微振動でメバル を誘うタイプです。当日は底荒れというほどではないものの、若干白っぽい濁りがあったため、黒のボディが効いた可能性もあります。白い濁りで常夜灯の光が散乱される状況下においては、黒っぽいボディの方が目立つのだと思います。

安定した泳ぎを見せてくれる無塗装スローシンキングミノーは、今回は1匹と奮わず。白い濁りの中では目立ちにくかったでしょうか。また、上の黒ミノーに比べて若干ウォブリングが騒がしい(よく言えば「キビキビ」)ため、その点も釣果に影響しているかもしれません。

そして、黒ミノーに負けず劣らずの釣果を出したのがこちら。ミニマルのパk…インスパイアルアーですね。前回も大活躍でした。こちらはほぼウォブリングなしのI字系アクションを見せ、黒ミノーよりもさらに大人しいルアーです。カウントダウンとリトリーブスピード次第で、結構深いレンジまで探れるので、かなり柔軟な釣りができるルアーです。使いやすさではナンバーワンですね。コピー元が優秀なルアーはやはり釣れます。

改めて、レンジコントロールがこの釣りのキモであることを思い知らされました。

なお、釣果は散々だった模様…

上げ潮の17時半から開始した今回のメバリングですが、終わってみれば惨憺たる有様でした。ひどいときだと、30分に1匹しか釣れていません(汗)4時間半で11匹…タイドグラフに釣果を載せると、悲惨さが際立ちますね。

今回はプラグ縛りでの釣行でしたが、深めのレンジで好反応だったことを考えると、ジグヘッドの日だったのだと思います。2〜3gで中層を引いてくれば、もう少し違った結果になったのかもしれません。しかし、それを良しとしなかったのは「なんとしても自作プラグで10匹!」というくだらない意地。けど、いいんです。納得できる形で遊びを終えることが重要なのです。

そもそもの話をすれば、この日は釣りに行かない方がいい日だったのかもしれません…

まだまだ寒いこの季節。悪天候の日は無理せず、健康と安全第一で釣りを楽しみたいものです。

ポチッとやっていただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 釣りブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です